北海道が誇る美味しいジャガイモ

北海道が誇る農産物といえば、真っ先に思い浮かぶのが「ジャガイモ」
年を越してでんぷんが糖に変わり、さらにおいしく甘く
美味しくなってきました。(適切な条件のもとに、保存されることによって)
カプリカプリでもいろいろな料理に登場しています。

c0089154_17184575.jpg

「男爵イモとリコッタチーズのニョッキ、鴨のコンフィとチコリのクリームソース」
なんともいえない滑らかな食感が心地いいです!
c0089154_1719265.jpg


本日の魚のグリエ サフラン風味の男爵イモのソース」
こちらはメインディシュのソースで・・・



最近、来週行われる「さっぽろシェフズキッチン キッズスペシャル」に向けて
様々な農作物について復習中です。027.gif
男爵イモは明治後期に
当時、道内で唯一開港された町、函館の造船業を立て直しにやってきた
川田龍吉(かわだりょうきち)男爵が、明治39年、七飯村で新種を栽培したことから始まりました。
 この品種は、従来のものより栽培期間が短く、病虫害にも強い。
夏が短い北海道に適していることから栽培も安定し
農民は男爵様のおかげであると賞賛して、「男爵いも」とよばれるようになったという・・・。

チビッコに何をお話ししたら興味を持ってくれるかな?
by capricapri-2 | 2010-01-31 17:21 | 料理
<< エゾシカ料理まつり2010 カプリカプリのワイン会1月 >>