カテゴリ:休日( 17 )

雪のアルテピアッツァ美唄

今年最後の休日めずらしいことにシェフとお出かけしてきました。
(普段、休日に2人で出かけることはめったにありません・・・・
いや、せめて休日くらいは別々に過ごしたいのです)


出かけてきたのは、「アルテピアッツァ美唄
夏に、一度伺ったことはあるのですが、
今回は雪化粧の彫刻を見に行くことにしました。

雪に包まれた世界は静かで気持ちが落ち着きます。

いくつか写してきた写真をUPします。
c0089154_16521013.jpg

c0089154_16523327.jpg

c0089154_16532627.jpg
(カフェの窓越しに・・・・温かいコーヒーを飲みながら)
by capricapri-2 | 2009-12-15 16:55 | 休日

1年に1度の観戦

昨日は札幌ドームへ、野球の観戦に行ってきました!
なかなか、お店の休みとドームでの開催日が合わなくて、
行けるのは毎年1回くらいです。
今回はうちのお休みを知っているお客様から、「この日なら行けるでしょう・・・」と
チケットを頂いたので、喜び勇んで出かけました。

行ってみてビックリ!
c0089154_16192014.jpg

近いです!ベンチのすぐ上です。とっても見やすいです。
また、1イニングが終わるごとにピッチャーが
ファンサービスで使っていたボールをこちらにほおってくれるのです!
チケットをくださったお客様が
「当日はグローブ持っていった方がいいよ!」とおっしゃっていた訳がわかりました。
私のすぐ斜め前の方がキャッチしてました・・・。
その後も私は素手でキャッチしようとチャレンジしてみましたが・・・
ちと難しかったです。残念emoticon-0107-sweating.gif
(画像は携帯なのでイマイチですが・・・)
Hさん、本当にありがとうございました!

野球の試合も日ハムが勝ち、とっても楽しかったです!
by capricapri-2 | 2009-07-22 16:20 | 休日

明日にむけて・・・

長らくお休みをいただきまして、申し訳ございませんでした!
遅めの正月休み・・・として東京の実家に里帰りしてきました。
また、そのついで(いや、どっちが次いでかは?)に
東京のレストランで食事もしてきました。
他のお店に行くのは、本当に勉強になります。
この写真はランチで伺ったお店から、そう遠くなかったので
腹ごなしに出かけた「浅草」。
何度となく行っている東京ですが、初めて訪れました。
c0089154_18454658.jpg

いや~、日本一にぎわっているアーケード街ですよね・・・・。
ご高齢の看板娘さんがたくさんいらっしゃって・・・
こちらまで元気になります。

「頭がよくなる」というご利益のある煙を浴び、
運試しにおみくじを引くと「小吉」(マダムです)
ん~。
そういえば・・・・出発の時から運はよくなかった!
札幌は晴れていたのですが、千歳に着くと大雪で
飛行機の出発が3時間も遅れたのです・・・・。
それも飛行機に搭乗してから約2時間くらい待たされたんです。

今日も大変な雪となりましたよね・・・・。
雪かきで、お疲れの方も少なくないですよね!
私も腕が・・・だるいです。

今日は明日からの営業に向けて仕込みの真っ最中!(シェフ)

明日からまた、皆様のお越しをお待ちしております!
ディナータイムより営業いたします!!
by capricapri-2 | 2009-01-20 19:07 | 休日

Just Married

先日の日曜日に、当店スタッフ、マサの結婚式が行われました。

結婚が決まってから、本当にたくさんの方にお祝いのお言葉を
頂戴いたしました。
この場をお借りし、2人に代わってあらためてお礼申しあげます。
どうもありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

More 続きは・・・・
by capricapri-2 | 2008-09-30 17:03 | 休日

猛暑の中のキャンプ

カプリカプリは今週火曜、水曜と一足早い夏休みを頂き、キャンプに出かけてきました。
市内のレストラン関係者(約6店)合同のキャンプです!
カプリカプリは昨年から参加させていただいています。
今年は、使い捨ての食器や箸は使わずに、箸や器はそれぞれ持ち寄り
ごみをなるべく出さないように、という「エコ」を意識したキャンプでした。

More到着後・・・こちらから
by capricapri-2 | 2008-08-07 16:30 | 休日

元気になりました!

昨日の定休日に「プロレス観戦」に出かけてきました。
以前、ブログでもご紹介した「アントニオ猪木」さんが立ち上げた団体での興行です。
私もシェフも始めてのことだったのでどうなることかと、ワクワクでした。
友人夫妻と4人での観戦です。

一昔前のイメージと違ってとても華やかなイベントでした。
オープニングはドン!と火花が上がってショーが繰り広げられます。
c0089154_16264443.jpg


こんな感じでたくましいレスラーの方たちの対戦が続きます。
c0089154_16273186.jpg

マットに叩きつけられる音が響いて、さすがライブは違いますね!
でも一番盛り上がったのは
アントニオ猪木さんのトークでした。
c0089154_1628095.jpg

さすが、カリスマ。
皆さんをひきつけます。
c0089154_1628454.jpg

一、二、三、ダー!大合唱です!
写真がうまく撮れなかったのですが・・・すみません。
「元気があればなんでもできる!」というとおり
今日も元気に仕事します!
c0089154_17525090.jpg


昨日一緒に出かけた友人とシェフ
by capricapri-2 | 2008-06-24 16:32 | 休日

「いのちの食べかた」を見て・・・

昨日の休日に映画を見てきました。
うちのシェフは映画館があまり好きではなく(閉塞感が得意ではないらしい)
めったに足を運ぶことはない。
そのシェフが「これは見たい!」といって出かけたのがこちら
c0089154_17343871.jpg

「いのちの食べかた
反響が多く、上映期間が延びたほど。
ドキュメンタリー映画だが、ナレーションや音楽が無いだけではく、
インタビューや、さらに字幕などといった、映像の説明をすることすら一切なし。
ただただ映像と、機械の音や作業の音、動物の鳴き声だけで、映画は進む・・・・。

どんな映画かというと・・・
以下映画のHPからの抜粋です。

知っているようで、実は知らない…現代の食料生産事情がここにある!
私たち日本人が1年間に食べるお肉(牛・豚・鳥)は約300万トン。
だれもが毎日のように食べている膨大な量のお肉。
でも、そもそもお肉になる家畜は、どこで生まれ、どのように育てられ、どうやってパックに詰められてお店に並ぶのでしょう?
本作は、そんな私たちの生とは切り離せない「食物」を産み出している現場の数々を描いたドキュメンタリーです。
世界中の人の食を担うため、野菜や果物だけでなく、家畜や魚でさえも
大規模な機械化によって生産・管理せざるをえない現代社会の実情を、
オーストリアのニコラウス・ゲイハルター監督がおよそ2年間をかけて取材・撮影しました。
本作を観ると、現代の食料生産工場の生産性の高さに驚愕するとともに、
私たちが生きることは他の動物たちの生命を「いただく」ことに他ならないことだと、改めて実感させられます。
c0089154_1735102.jpg


一般の方にとっては牛肉の解体シーンなど少し、ショッキングな場面も・・・。

私たちは食に携わっているので、その映像の意味が解るが、
例えば、生まれたばかりの子豚が次々に手術されていく場面がある。
ワクチンか何か?と思う方もいるでしょうが、
性別をチェックして雄だったら、去勢するのです。その手術です。
お分かりのとおり、食肉用として出回っているのはそのほとんどが純粋なオスではありません。(もと、オス)
種付け用としてわずかにいるオスもその役目は・・・・(ま、ご想像にお任せいたします。)

じゃ、野菜は、というと巨大なグリーンハウスの中で土に植えられることもなく
農薬が降る注ぐ中、栽培されている。

(でも、現実、消費者の多くは虫の食った野菜は買いたくない、綺麗な野菜を買うんです。)
当店でも夏野菜を栽培してると気をつけていても虫食いになっちゃうですが、
そういう野菜はやはり嫌われちゃうんですね・・・。

魚だってしかり、・・・・。

じゃ、食べるものなくなっちゃうじゃないか!ということではなく、
こういった現実をふまえ、自分がどういうものを買って食べるかを考えればいいのではないでしょうか。
全ての野菜がそういう風に栽培されているわけではないですし。



ぜひ一人でも多くの方に見ていただきたい映画です!
(見終わったあと、映画のHPなどでも解説をみることができるので、解らなかった場面は後から理解することもできます。)
by capricapri-2 | 2008-04-29 17:36 | 休日

春の陽気に誘われて・・・・

昨日の休日に、
ちょっとドライブがてら洞爺のイタリアンでランチを楽しんできました。
昨年のクリスマスにお手伝いをしてもらった女の子と一緒に
(いらっしゃった方は覚えてますか?)
ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ 洞爺
へ、出かけました。
ウインザーホテルの近くへ行けば簡単に分かるよな・・・・なんて
高をくくって出かけたのですが、
ホテルへ上っていく道を、行けども行けどもレストランは見つからず・・・
ついにウインザーホテルに着いちゃいました。
こりゃおかしい!とベルガールさんに場所を聞きましたら
「ホテルへの道を登らずに、国道をもう少し先に進むと右側に看板が見えます」
とのこと。
「お気をつけていってらっしゃいませ」と笑顔で見送られ山を下りました。(とほほ・・・)
すると、見つけました。看板!(ホッ)
今度行こうかな~、と思ってる方は気をつけてね!
(こんな間違いするのは私だけか!?)
なにはともあれ、やっと到着!
c0089154_2272045.jpg

席の予約をしてあったので窓際の席へ案内されますと・・・・
本当にいいお天気で、座ったテーブルから洞爺湖が綺麗に望め、
ちょっとリゾート気分。
お腹もとってもすいていたので
前菜、ピッツァ、パスタ2品を注文すると
サービスの女性から「少し量が多くないですか?」と心配されました。
ま、なんのことはなくペロッとたらげてしまったのですが・・・。
お天気のいい日のドライブにはおすすめのレストランですね。
c0089154_2283344.jpg


帰り道、真狩のパンやさんへ立ち寄りました。
とっても美味しくて、こちらもおすすめ!
c0089154_2293369.jpg
看板が小さく、見つけにくいので気をつけてね。
by capricapri-2 | 2008-03-11 22:14 | 休日

「イタリアンフェスタ」に参加して・・・

昨日、北海道石狩支庁主催の「イタリアンフェスタ」が
開催され、私も参加してきました。
c0089154_16183120.jpg

「料理王国」という専門誌の代表の浅野氏の講演と
「これからの北海道をイタリア料理の視点からなにかできないかな」と考える
市内のレストラン、石狩管内の意欲的な生産者、その関係団体の方々による
意見交換会という内容でした。

昨年より世間を騒がしている食品偽装には北海道の企業も名前があがっていましたし、
輸入食品に対する不信感は今もなお連日報道されています。食糧自給率にも関係します。
それとはまったく逆のベクトルの話合いでした。

「北海道は食材は豊富だけれどもそれを生かした料理が無い」と
以前より言われていたことですが、考えてみると「札幌ラーメン」「ジンギスカン」「石狩鍋」
最近では「スープカレー」などが全国区ですか。
其の中で地産地消とイタリア料理の今後の展開を話し合うことはとても有意義でした。
スローフードという言葉を最近良く耳にしますが、考えてみればその土地で取れたものをそこで美味しくその土地の料理で消費し、健康で幸せに生きることはごく自然なことです。

生産者の方もとても熱心ですばらしい食材を生産されています。
僕がすでにお付き合いのある
千歳のファーム梅村さんや農学博士でトマトが専門の伊藤喜三男先生のお顔もありました。

提供された食材をパークホテルのシェフが
イタリア料理に仕立てたものをの試食しつつ・・・・
これから自分たちがやっていかなければならないことは何か、を
考えるいいきっかけになったのではないでしょうか。

このような機会を作ってくれた方々に感謝します。
また、今後も続けていくこと、
さらにレストランの横の連携、生産者とのつながり、
それを支えてくれる関係者の方々の力、お互いをつなぐ輸送の方法など
課題は山積みですが何かが動き出したのではないでしょうか。

北海道のイタリア料理はこれから凄いことになるかも知れません。

まずは僕自身がカプリカプリで
美味しい物をいらしたお客様に楽しんでいただくことから始めます。


新しい食材が入荷しましたらまたご紹介しますね!
by capricapri-2 | 2008-02-26 22:00 | 休日

ビジ髪ってご存知ですか?

僕が行っている床屋のマスターがこの度こんな本を出版しました。
ビジネス
で成功している人にはある、法則がある!!
と、いう内容です。

その講演会が昨日あったのでうちのマダムと一緒に聞きに行ってきました。
笑いあり、時々シリアスに・・・あっという間の1時間30分でした。
いやー、さすが名物マスターだけのことはありますね!
ラジオのパーソナリティもこなしているだけあって、話術は巧みです・・・・
c0089154_16201642.jpg

ビジ髪マスター、柳本氏と一緒に・・・・
(ちなみに僕たち同じ年です!)

たくさん美容師さんたちが集まるだろー、と思って
ぼくもちょっぴりおめかししていきました。
仕事ではしないメガネです。
最近いいお店を紹介してもらって買ったばかりです。
ど、どうですかね?
by capricapri-2 | 2008-02-20 16:24 | 休日