<   2008年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「いのちの食べかた」を見て・・・

昨日の休日に映画を見てきました。
うちのシェフは映画館があまり好きではなく(閉塞感が得意ではないらしい)
めったに足を運ぶことはない。
そのシェフが「これは見たい!」といって出かけたのがこちら
c0089154_17343871.jpg

「いのちの食べかた
反響が多く、上映期間が延びたほど。
ドキュメンタリー映画だが、ナレーションや音楽が無いだけではく、
インタビューや、さらに字幕などといった、映像の説明をすることすら一切なし。
ただただ映像と、機械の音や作業の音、動物の鳴き声だけで、映画は進む・・・・。

どんな映画かというと・・・
以下映画のHPからの抜粋です。

知っているようで、実は知らない…現代の食料生産事情がここにある!
私たち日本人が1年間に食べるお肉(牛・豚・鳥)は約300万トン。
だれもが毎日のように食べている膨大な量のお肉。
でも、そもそもお肉になる家畜は、どこで生まれ、どのように育てられ、どうやってパックに詰められてお店に並ぶのでしょう?
本作は、そんな私たちの生とは切り離せない「食物」を産み出している現場の数々を描いたドキュメンタリーです。
世界中の人の食を担うため、野菜や果物だけでなく、家畜や魚でさえも
大規模な機械化によって生産・管理せざるをえない現代社会の実情を、
オーストリアのニコラウス・ゲイハルター監督がおよそ2年間をかけて取材・撮影しました。
本作を観ると、現代の食料生産工場の生産性の高さに驚愕するとともに、
私たちが生きることは他の動物たちの生命を「いただく」ことに他ならないことだと、改めて実感させられます。
c0089154_1735102.jpg


一般の方にとっては牛肉の解体シーンなど少し、ショッキングな場面も・・・。

私たちは食に携わっているので、その映像の意味が解るが、
例えば、生まれたばかりの子豚が次々に手術されていく場面がある。
ワクチンか何か?と思う方もいるでしょうが、
性別をチェックして雄だったら、去勢するのです。その手術です。
お分かりのとおり、食肉用として出回っているのはそのほとんどが純粋なオスではありません。(もと、オス)
種付け用としてわずかにいるオスもその役目は・・・・(ま、ご想像にお任せいたします。)

じゃ、野菜は、というと巨大なグリーンハウスの中で土に植えられることもなく
農薬が降る注ぐ中、栽培されている。

(でも、現実、消費者の多くは虫の食った野菜は買いたくない、綺麗な野菜を買うんです。)
当店でも夏野菜を栽培してると気をつけていても虫食いになっちゃうですが、
そういう野菜はやはり嫌われちゃうんですね・・・。

魚だってしかり、・・・・。

じゃ、食べるものなくなっちゃうじゃないか!ということではなく、
こういった現実をふまえ、自分がどういうものを買って食べるかを考えればいいのではないでしょうか。
全ての野菜がそういう風に栽培されているわけではないですし。



ぜひ一人でも多くの方に見ていただきたい映画です!
(見終わったあと、映画のHPなどでも解説をみることができるので、解らなかった場面は後から理解することもできます。)
by capricapri-2 | 2008-04-29 17:36 | 休日

いただきもの

これ、なんだか分かりますか?
c0089154_1647319.jpg


高級茸「モリーユ」です。
な、なんとお客様にいただいちゃいました。
実はその方はひそかに私たちの中では「茸名人」と呼ばせていただいている方なんです。
ご趣味で茸を採ってくるんですが
そんじょそこらの茸と違い、
「天然の舞茸」や、イタリアでのポルチーニ茸「ヤマドリダケ」
なんかも見つけちゃう方なんです。
その方からいただいたこの「モリーユ」~和名「「アミガサタケ」
笠の部分がメッシュの網になっています!
買うとめちゃめちゃ高いんです。(ポルチーニより高価!)

え、春に茸?と思われる方も少なくないかと思いますが、
この茸の旬はまさに、今なんです。
クリームやバターなどの乳脂肪をあわせるとその香りが引き立ちます。
試食もかねて、トキシラズのムニエルにあわせてみました。
c0089154_1648552.jpg

美味しい!
ありがとうございました。Sさん!この場をお借りしてお礼いたします。
by capricapri-2 | 2008-04-26 16:49 | 食材

やっぱり、ハム!

がんばってますね!プロ野球の日本ハム
いよいよ、ゲーム差がなくなり、1位に浮上しそうですね!
ゴールデンウイークにドームに行く予定の方は
よりいっそう応援に熱くなりそうですね。

カプリカプリでもおすすめのハム料理がありますよ!
それが、こちら!
c0089154_1764720.jpg


イタリアのとプロシュートコット(加熱したハムのこと)に
季節の野菜をあわせた前菜です。
このハムはしっとりとした食感にトリュフの風味でとても芳しい香りがします。
野菜はその時々、旬のものをあわせています。
もちろんプロシュート(生ハム)もございます。
うちのハムもよろしく!
by capricapri-2 | 2008-04-25 17:15 | 料理

雨が降ったから、筍ニョキニョキ・・・

と、いうわけではないのですが、
十勝産の春出しのジャガイモでニョッキをつくりました。
この春のおすすめパスタです。

c0089154_15501299.jpg

こねた生地を細長くし、一口大にカットしていきます。
c0089154_15513556.jpg

それをひとつずつ整形していきます。
c0089154_1553457.jpg

タケノコと毛蟹のソースのニョッキです。
甘くて美味しいジャガイモが口の中でほわっとなります。


雨後の筍にならないように、
カプリカプリらしいお料理をご用意したいと思っています。
by capricapri-2 | 2008-04-24 16:09 | 料理

春は貝がうまいカイ?

そうです。春本番。
貝が美味しい季節になりました。
こちらは、
c0089154_16182197.jpg

帆立貝、北寄貝、白貝です。
c0089154_16184696.jpg


函館産のみずみずしい小カブと一緒にサラダに仕立ててみました。
噛みしめるとじわ~と水分が染み出る感じです。
貝の旨みととてもマッチします。
白バルサミコ風味でさっぱりと・・・
キリっとした白ワインとどうぞ。
by capricapri-2 | 2008-04-23 16:19 | 料理

咲いた♪咲いた♪

札幌では例年に無い早さで桜が開花し、春本番を迎えましたね。
また、ここ何日かは春、というより初夏に近い陽気です。
カプリカプリの店の脇の花壇のチョーリップもこんな感じです。
c0089154_16353947.jpg

春先にこの花壇に自転車を駐車されちゃったので、
あわてて柵を付けました。
無事チューリップが咲いてくれました。(ほっ)
昨日の休日は、
今年畑に植える野菜などを、種から苗にするため
ポットに種植えを行いました。
種を直接畑に植えても、土の温度が上がらないとなかな発芽しないので
温度の上がるところで発芽させて、少し成長したところを
畑に植えるのです。
by capricapri-2 | 2008-04-22 16:39 | 日記

極上の筍届きました!

僕にとって春はやはりこの筍と共に訪れる・・・、という感じです。
毎年京都の友人が送ってくれる最高級の筍です。
見てください!
c0089154_16395151.jpg

立派です。
昨日まで使っていた筍と比べるとほら、このとおり!
c0089154_16402849.jpg

もちろん大きいだけではなく、えぐみが少なく、
独特の風味と歯ざわりの良さが格別です。
一度食べたら、その美味しさのとりこになります。
今週いっぱいくらい楽しんでいただけます。
お早めに・・・・!
by capricapri-2 | 2008-04-18 16:46 | 産地から

今月のお料理教室 4月

本日は、毎月第三木曜日恒例のカプリカプリのお料理教室でした。
ご紹介したお料理は
c0089154_21112339.jpg

蟹とアボカドのサラダ、
c0089154_21114977.jpg

ペンネ、ツナ入りトマトソース
c0089154_21122322.jpg

牛乳のジェラート苺と温かいザバイオーネ
の3品でした。

次回は5月15日です。
ご興味ある方はお早めにお問い合わせください。
by capricapri-2 | 2008-04-17 21:15 | 日記

どれにしようかな・・・・

と、迷うことはないようです。
c0089154_1644137.jpg


こちらは当店が今使っているオリーブオイルたち!
産地は北から南まで様々です。
(1つおまけも混じってますが・・・)
右から・・・
リグーリア州の100%タジャスカ種のオリーブオイルは「リビエラの貴婦人」とも称され
その名のとおり上品で繊細な風味でお魚のカルパッチョなどの仕上げに使うと
その個性を生かせます。

マルケ州の有名なワイナリー「ウマニロンキ」社が産るオリーブオイルは
レッチーノ、フラントイオ、オルベナータというオリーブ。
選別しながら手摘みし、収穫から時間をあけずにソフトプレスされ
オリーブが酸化しにくいよう工夫した機械でプレスし、
0.24%という低い酸度を実現している高品質のもの。

これまた南イタリアカラブリア州の有名なワイナリーがリリースしたもの
はオリーブの品種はカロレア、フラントイオ、トンダ・ストロンゴレーゼ、レッチーノ
芳醇かつ繊細な風味のオイル。フルーティで、アーモンド、アーティチョーク、
心地よいスパイスの香りがあります。

と、いうようにオリーブオイルもイタリアでは北から南まで
様々な土地作られており土や気候、樹の種類などによって色や風味が異なります。

ちなみに左から2つ目は先のワールドカップを記念してオリーブオイルメーカーが
作ったサッカーボール型のボトル。
ま、イタリアらしいですよね。
by capricapri-2 | 2008-04-16 16:48 | 食材

いただきもの

昨日ディナータイムが始まるところに、
いつも食事にいらしていただいているお客様が
「今日は時間が無いので、食事はできないんですが、これ!」と
いただいたのがこちら!
c0089154_1628192.jpg


分かります?
「葉わさび」です。
先日召し上がっていただいた料理に使っていたのを覚えていてくれて
お知り合いの方の庭から、いただいてきてくださったんです。
あまり日が当たらないような、涼しいところが生育に向く、ということです。

来年いっぱいできたらいろいろ使ってみたいな~。
(わさび漬けはやり方によっては辛くならないらしいので、気をつけます!)BYマダム
by capricapri-2 | 2008-04-13 16:28 | 食材