<   2008年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

咲いた♪咲いた♪

カプリカプリの畑では、可憐な花が咲いています。
c0089154_16185932.jpg

こちらはトマトの花
あまり気温が上がらず、昨年より生育は遅れ気味です。

c0089154_16201483.jpg

こちらは昨年植えたブルーベリーの花です。
私は始めて見ました。かわいいんですね・・・。
木はまだ小さいので、実をつけるにはもうしばらくかかりそうです。

c0089154_16204816.jpg

こちらはカプリカプリの入り口です。
c0089154_16213338.jpg

わさわさと茂っているのは通称「キャットミント」
「マタタビ」と同じく、ねこちゃんにはたまらないらしい・・・・。
ミントをこうして植えておくと、虫避けになるんです。
もし、お家にネコちゃんがいやっしゃる方にはお分けしますので
お気軽に声をかけてください。
by capricapri-2 | 2008-05-31 16:23 | 畑の野菜

タコ、タコ、召しアガレ!

今が旬のイイダコが入荷しました。
早速、墨と格闘したら、鍋へ・・・。
イタリアのマンマに教わったように、タコを茹でる時はコルクと一緒です。
c0089154_15413981.jpg

僕が以前、ナポリで食べたタコ料理は、いたってシンプル。
茹でて、ぶつ切りにしたタコにオリーブオイルとレモンをかけただけ、というものでした。
でもキリっと冷えた白ワインと一緒に食べると、
なんともいえずに美味しかったのを覚えています。
新鮮な魚介類が手に入る漁村近くのレストランならでは、の味でしょうね・・・。
c0089154_15491065.jpg

その時をイメージして、写真を撮ってみました。
もっと豪快な感じでしたけど。いや~食べるとナポリを感じます。
メニューには季節の山菜と合わせたサラダ仕立てにいたしました。
c0089154_15494960.jpg

春から夏にかけて「イイ(飯)」の入ったタコ、ぜひメシあがれ!
by capricapri-2 | 2008-05-30 15:53 | 料理

「さ○り」マルの中に入る文字は?

「さ○り」
Q.あなたのイメージする真ん中の文字はなんですか?
A.ん~、やっぱり吉永さゆり!

A.ぼくはやっぱりさおりですよ!(ちょっと脚色しました)byマダム
いや、やっぱり焼肉のさがりかな・・・

いえいえ、今日の主役はこちら!
c0089154_15583657.jpg

春から初夏にかけて旬の魚
「さより」です!
このサヨリをカルパッチョに仕立ててみました。
細身で流線形のサヨリは脂肪が少なく淡白でとても美味しいです。
一度食べたらサヨリファンになること疑いない!?
by capricapri-2 | 2008-05-29 16:01 | 料理

ベターホーム協会のお料理教室のご案内

ベターホーム協会で来月、当店シェフによる「1日料理講習会」が開催されます。
今、旬の食材「アスパラ」を使った料理のご紹介です!

c0089154_21494235.jpg

日時 6/17(火)午後1:30~3:30 です!

申込方法、詳しくは、こちらからどうぞ
by capricapri-2 | 2008-05-28 21:51 | お知らせ

初夏のおすすめワインです!

今日はこれからの季節にぴったりの白ワインをご紹介します。
カンパーニヤ州、ナポリ湾に浮かぶ最大の島、イスキアのワインです。
温暖な気候と湧き出る温泉、美しい海岸が魅力的な美しい島ですが、
古くから高品質なワインを造っていた土地でもあります。
崖沿いの段々畑では今も手作業で昔ながらのブドウ造りが行なわれています。
イスキアのワイナリーを代表するのがカーサ・ダンブラ社。
1888年の創業以来、100年以上ずっとこの島の土着品種を守り続け、イスキアのワイン造りの伝統を受け継いでいます。
中でも、フラッグシップワインである「フラッシテッリ」は、
海抜500mの切り立った崖の海を見下ろす、美しい単一畑のブドウから造られた南イタリアを代表する白ワインです。
c0089154_2233598.jpg

向かって左がそのワイン
エレガントな花や心地よいフルーティーな香りが楽しめ、飲み口はまろやかで厚みのあるコクを感じる凝縮した味わい。
長い余韻も楽しめ、後から心地良い塩味を感じめす。あ~、まさしく島のワインだ、と感じるはず。
土着品種の一つ「ビアンコレッラ」100%から造るワインです。
その畑の美しさの反面、ブドウ栽培は過酷な条件にあり、輸送用のモノレールが作られるまでは一人1日の収穫は10箱しか運べなかったとか。

向かって右は
イスキア ビアンコ 2006 
イスキア島の伝統土着品種「ビアンコレッラ」、「フォラステラ」 を用いたワイン。
麦わら色を帯びたイエロー、凝縮したデリケートなブドウの香り。
甲殻類や魚介類との相性もぴったりの辛口白ワインです。

カーサ・ダンブラ社に対する評価を高めているのは、スタンダードラインのワインのレベルの高さ。
自社畑のフラッシテッリ以外は、
現在のオーナーでエノロゴを勤めるアンドレア・ダンブラ氏が
150もの小さな栽培農家からブドウを購入し、
厳しい管理の下でワインを造っています。
火山活動により造られたイスキア島、
そのミネラル豊富な土壌と地中海性の温暖で乾燥した気候が
美味しいワインを生むわけです。

飲んでいるだけで青い空と海をイメージしてしまう、イスキア島の美味しいワイン!
いかがですか!
by capricapri-2 | 2008-05-27 23:08 | ワイン

僕、食べるのも魚好きです!

もともと生肉の料理だったカルパッチョですが、
今ではすっかりお魚を使った料理もポピュラーになってきました。
これから暑くなるとキリっと辛口の白をまず飲みたくなります。
(ん、僕だけか?)
そうすると前菜はさっぱりとお魚のカルパッチョもいいかな・・・・。
c0089154_14583556.jpg

こちらはカスベのカルパッチョ仕立て
新鮮なカスベが手に入った時にだけ作ります。

c0089154_1459750.jpg

ニシンとフキのサラダ
(フキは煮物が定番だけど、たまにはこんなのはどうですか?)

どちらもスプマンテや辛口の白ワインとよく合うと思います。

僕が朝市場へ出かけてメニューを決めているので
こちらでご紹介しても明日にはもうない、ということがよ~くあります。
ご了承ください!

by capricapri-2 | 2008-05-25 15:11 | 料理

初夏の新顔パート2

再びマサです!
前回に引き続き、新しいデザートのご紹介です!
こちら!
c0089154_22291759.jpg

「とろけるチョコラートのタルトと牛乳のシャーベット」
これから暑くなりますが、そんな季節にも美味しく召し上がっていただける
チョコレートを使ったデザート、と思い考えてみました。
今日からお客様におだししています。いかがでしたでしょうか?
グラッパが飲みたくなったらマダムまでご用命ください!
by capricapri-2 | 2008-05-24 22:29 | 料理

初夏の新顔

ドルチェを担当しているマサです。
これからの季節のおすすめドルチェを作りました。
僕はカプリカプリで働く前にススキノでバーテンダーをしていました。
そのときの経験を生かしての組み合わせで
イタリアの伝統的ドルチェにちょっとだけ新しいフレーバーを足してみました。
ラム酒入りシロップたっぷりしみ込ませたババにミントのジェラートを添えて
その名も「ババ・モヒート」。

c0089154_15332714.jpg


大人のドルチェです。
食事の後にもすっきりと召しあがっていただけると思います。



c0089154_15334781.jpg

                              こちらは焼きあがったばかりのババ
by capricapri-2 | 2008-05-22 15:36 | 料理

始まりました

安平町からも届きました。
ホワイトアスパラ。

本格的にシーズンインです。
北海道にはおいしいものがたくさんありますが、
その中でも僕自身大好きなのがこのホワイトアスパラ。
本州育ちの僕にとってホワイトアスパラは缶詰の水煮のしか知りませんでした。
「くたくたで何が美味しいのか・・・・?」
と思っていましたが、15年前に移住してから虜になりました。
世の中にこんなにおいしいものがあったなんて・・・・・

栽培の歴史は古いようですが(発祥は共和町・・・・だったかな?)
北海道でも加工用にしか栽培されていなかったとか・・・

今年は二つの産地のものをそれぞれの持ち味を生かして調理します。
是非、食べ比べてみてください。

c0089154_1632980.jpg


写真の料理は安平町産でほろ苦さを生かして網焼きにして
手打ちパスタと合わせました。
by capricapri-2 | 2008-05-21 16:33 | 料理

赤井川の達人

昨日は赤井川村のコロポックル村さんにホワイトアスパラの畑見学に行ってきました。
ハウスで育てておられることもとっても興味があったので
お忙しい中、無理を言ってお話を聞かせていただきました。
c0089154_18293049.jpg

同行者はこの農場を紹介していただいた「ラ・サンテ」の高橋シェフと
ご近所仲間の「亀八」の佐藤さん。おじさん3人組みです。

ちょっと大人の遠足気分で車で走ること1時間。
山間の少し開けたところに数棟のハウスを発見。
お忙しいでしょうにとっても暖かく迎えていただきました。

c0089154_1819232.jpg


有機にこだわっていることやとってもたくさんの堆肥を使うこと、
収穫にとっても手間がかかることなどいろいろとお話が伺えました。
赤木さんが釣りキチ・・・だったことも収穫です。(笑)

もともとはハム・ソーセージの製造販売で立ち上げたところで
4年前から息子の陽介さんがアスパラを育てていらっしゃいます。
育て方が僕の知っている方法とは違うので
ここのホワイトアスパラは甘みと繊細な苦味が特徴です。

c0089154_18322366.jpg

性はボンレス、名はハム・・・・という黒豚の女の子。
赤木さんが近づくと身体をスリスリ。
豚ってこんなにかわいかったかなぁ~
(改めて、命の食べ方を考えさせられます。)
念のためこの子はコロポックル村のペットです。

c0089154_185593.jpg

当店ではのホワイトアスパラを使った料理を6月下旬ぐらいまで楽しんでいただけます。
by capricapri-2 | 2008-05-20 18:41 | 生産者をたづねて