<   2008年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

絶品仔羊入りました!

足寄町石田牧場さんから極上の仔羊入荷しました!
c0089154_2256982.jpg
いや~、今回の仔羊は美味しいですよ・・・・。
仔羊食べつくしコースもご用意しております。
なお、上記のコースは前日迄にご予約をお願いいたします。
by capricapri-2 | 2008-07-31 22:58 | 食材

間違い探し得意ですか?

畑の野菜で今ピークを迎えているのがこちら!
c0089154_2274323.jpg

何の野菜だかわかりますか?
葉が茂っているところだけ見ると、実をつけているのか良く分かりませんよね。
さらに分け入ってみても枝なのか、実なのか・・・・
c0089154_2245173.jpg

まるで間違い探しをしているみたいです。
だんだん目がなれてくると・・・
オー!生ってる生ってる。
インゲンがワサワサと実ってます。
どれだか分かりましたか?よーく見てみてくださいね。
今回は20株くらい植えてしまったので
3分の1くらい収穫しただけでこんなに採れます。
c0089154_2212045.jpg

ところが、ずーっと中腰の姿勢なので腰がいたくてたまりません。
植えすぎたー!!
どなたか間違い探しが得意な方いませんか?ヘルプミー~emoticon-0107-sweating.gif

このインゲンはジェノベーゼのパスタやメインディッシュの付け合せの他
こんな料理になりました。
朝摘みインゲンのパンナコッタです!
c0089154_22125259.jpg

by capricapri-2 | 2008-07-30 22:15 | 畑の野菜

夏のおすすめパスタです!

夏といえば、やっぱり「ジェノヴェーゼ」
カプリカプリの畑で栽培しているバジリコをたっぷりつかって、
c0089154_17404282.jpg

毎年この季節にご用意しています。
定番は、パスタ料理の「リングイーネ、ジェノベーゼ」
c0089154_16494551.jpg

朝摘みのフレッシュなインゲンとじゃが芋をあわせて・・・・

また、カルパッチョなどの料理のソースとしても使っています。

ちなみにこちらは、
三陸産のサバを軽く炙ってカルパッチョ仕立て
c0089154_1650232.jpg

で、ご用意したものです。

お持ち帰り用は来週にはご用意できそうです。
またブログでお知らせします。

P.S.カプリカプリの畑もいよいよ最盛期
毎朝、収穫に追われています。特に、ここにきてインゲンがすごいことになっています。
ずっと、中腰の姿勢なので私とシェフの腰が・・・・。
それでも作業は1~2時間なのですから、
プロの方のご苦労が身にしみます。
さらに日焼け対策はしているはずなのに「焼けましたね!」と言われちゃった・・・・。
by capricapri-2 | 2008-07-27 16:53 | 料理

ランチの人気もの

ここ最近のランチタイムのオーダーで人気を二分しているのが
冷たいトマトのカッペリーニとこちら!
c0089154_16584492.jpg

パ、パスタが見えない!?
自家菜園の朝摘みルーコラと焼き野菜の
スパゲティ、生ハム添え
です。

ズッキーニやナスは網焼きにすることで
水分をとばしてギュっと旨みを凝縮。
フレッシュなルーコラの香りとパルミジャーノ・チーズと黒コショウが決め手です。
by capricapri-2 | 2008-07-24 17:00 | 料理

お魚あてクイズ!パート6

久しぶりに・・・・
今日は、カプリカプリの大人気(!?)お魚あてクイズです!
こちら今日のお魚の仕入れ
c0089154_1616110.jpg
一番上の魚はなんでしょう?

ヒントは猿払産で今からが旬。
c0089154_16162942.jpg

c0089154_16165251.jpg

最近ブログのコメントがなくて寂しいです・・・・。(マダム)
emoticon-0106-crying.gif
by capricapri-2 | 2008-07-23 16:36 | 食材

少しづつ人気でてきてます!?

カプリカプリの夏の味覚の1つ「カルチョフィ」も最盛期を迎えています。
朝摘みの新鮮なものを使って様々な料理で楽しんでいただいています。
新作は前菜の料理で、こちら!

c0089154_1650185.jpg
「ぼたん海老を詰めたカルチョフィの
ヴァポーレ、フレッシュトマトと
ハーブのソース」


瓶詰めや冷凍ではない、新鮮な食感と香りを存分に味わっていただける1品です。
(おそらく、それしか食べたことのない方は嫌いな野菜かも・・・)
まだまだ、馴染みのない野菜ですが
1人でも多くのファンを増やせしていけたらな・・・・と思います。

c0089154_16532660.jpg
ただ、この野菜、やたらと畑で幅をきかせています。
ワッサワッサと葉が茂るわりに1株から取れるのはせいぜい5~6個。
植えてから収穫できるまで2年かかります。
c0089154_16521899.jpg


一般市場ではお目にかからないのは手間ばっかりで生産性が低く、
なかなか認知されそうにないからかも知れません。

今、日本で生産される野菜は全体的に「甘い」方向に進んでいると思います。
「このトマト、甘くて美味しい・・・」とか。「このトウキビは焼いても茹でても甘い」とか。

どちらかと言うとこの野菜、それとはまったく別のベクトルの野菜かも。
イタリア人はこの野菜に多分、季節感を感じているんじゃないかな~。
ローマ辺りでは春野菜です。
日本人が山菜やタケノコに感じるそれと同じだと思います。
北海道で育てると夏野菜になってしまうんですが、
ほんのちょっとだけ季節感を感じていただければ嬉しいです。
「もっと普及するといいなぁ~、ズッキーニみたいに・・・」
emoticon-0113-sleepy.gif・・・・・・・・シェフのつぶやき

最近のお天気から予想するに来月初旬まで収穫出来そうです。
ご興味のある方はお急ぎください。
by capricapri-2 | 2008-07-20 16:54 | 料理

カプリカプリがポロコにでてまーす!

今日発売の「poroco」8月号にカプリカプリが紹介されています。
表紙はこちら!
c0089154_1624741.jpg

中をめくっていくと・・・・
めちゃめちゃスマイルなシェフの顔が!

c0089154_16243377.jpg

ぜひ、お手にとって見てみてください!

掲載の料理もご用意しております。
by capricapri-2 | 2008-07-19 16:30 | お知らせ

ベリーGOODな採れたて果物

カプリカプリの畑のラズベリーは旬!
次から次へと真っ赤に実ってくれています。
c0089154_15485393.jpg

おいしそーな実が葉に陰になっていたりするので、
見逃さないように立ったりしゃがんだり(ラジバンダリ)
しながら摘んでいきます。
実だけをスポっと摘むとラクなのですが、
綺麗な形と鮮度を使う直前まで保っていたいので
ヘタごと収穫していきます。
c0089154_15492423.jpg

長靴履いて、長袖のシャツを着て、麦わら帽子をかぶっての作業です。
とても皆様にはお見せできない姿です。

このラズベリーをたっぷり使ったデザートです。
c0089154_15524025.jpg

たくさん採れてますので、みなさーん!食べにきてくださーい!
by capricapri-2 | 2008-07-18 15:57 | 畑の野菜

今月のお料理教室 7月

午後から降り出した雨がやまない中、今日は月1回のお料理教室でした。
本日ご紹介したメニューは、
c0089154_21391837.jpg

朝イカとフレッシュトマトのフジッリ
夏野菜のピアディーナと、
ズッパ・ナポレターナ
の3品でした。

PIADINAピアディーナとは・・・エミリアロマーニャ州を代表する郷土料理で、
無発酵パン。いろいろな具を挟んで食べます。
エミリアロマーニャ州の街角では、サンドウィッチやパニーニよりも、
たくさんのピアディーナショップを目にかけることができます。
c0089154_21313641.jpg

一枚一枚のばしていきます。
マサは今日の講習時間中後ろ向きでずっとピアディーナを焼き続けていました(笑)
c0089154_21333897.jpg

お好みでいろんな具をはさんで・・・

ズッパ・ナポレターナは・・・・
c0089154_21353239.jpg

 もともとは中部イタリア生まれの「ズッパ・イングレーゼ(イギリス人のズッパ)」の
姉妹的お菓子。
 「ズッパ・イングレーゼ」はアルケルメスという真っ赤なリキュールをしみ込ませますが、
 「ズッパ・ナポレターナ」は、アマレットのシロップで浸したスポンジとカスタードクリームの
間にバナナやラズベリーを挟み、
c0089154_2136467.jpg

最後にヨーグルトのクリームでデコレートするデザートです。
甘さも控えめでヨーグルトクリームのほのかな酸味が見た目よりくどくなく
意外とパクパク食べられちゃいます! よね?
c0089154_21365078.jpg

 
次回は8月21日(木)です。
たくさんの方のご参加お待ちしております!
 
by capricapri-2 | 2008-07-17 21:37 | 日記

自家製アンチョビ

先週末お客様からいただいたのがこちら!
c0089154_1644090.jpg

以前、カプリカプリの自家製アンチョビをご賞味いただいたお客様が
「また食べたいな~」、と釣ってきてくださったものです。
なにせ鮮度が命!の魚です。
釣りたての新鮮なカタクチイワシの頭と内臓を取り除き
きれいに水洗いし、3枚おろしにして水気を取ります。
c0089154_1652656.jpg

塩を全体にまぶして・・・・
c0089154_1655285.jpg

瓶詰めにして、美味しくなるまでじっくり待ちます・・・・。

ところで、アンチョビとは英語です!(英:anchovy)
伊語はアッチューガ acciuga(複数形 -ghe)、
イワシそのものと、塩漬けにしたものをさします。
by capricapri-2 | 2008-07-16 16:07 | いただきもの