ワカサギのカルピオーネ

ワカサギ・・・阿寒湖や洞爺湖などで漁協の方が育てている、冬の季節に美味しい淡水魚です。
カルピオーネとは魚を酢に漬けたもの、マリネしたもの、という意味です。
フリットにしてから、湖の魚の臭みを消すちょっとした工夫をイタリアのマントヴァの有名店の方法に習って野菜と一緒にマリネします。
出来立てよりも一晩くらいおいたほうが味がなじんで断然美味しくなります。
c0089154_20523258.jpg

c0089154_2053330.jpg

たくさん仕入れてきたワカサギをぴちぃーと並べるシェフ(性格がでます)
なんでもピシっと並んでるのが好きみたいです。(仕事場と自分の趣味のもの)
でも、どうでもいいところはぐちゃぐちゃです。
Q,さてうちのシェフの血液型は何型でしょう?
by capricapri-2 | 2007-02-18 21:11 | 料理
<< これって親子パスタ? 仔羊まるごと一頭入荷しております! >>